存在という意味で我々は等しい

 朝日も寝ぼけた明けがたに、私は野原で犬を野放しにしただひたすらにその動きをじっと追っていた。首輪がついていたからいいものの首輪がついていなかったとしたら犬、お前は野犬、野犬なのだ。荒ぶる野犬たちが蔓延る野犬の世界で貴様が生きていけると思っているとしたら大間違いだ。貴様は私がいなければ、この野原を縄張りにしている野犬にとっくのとうに噛み殺されているところなのだ。そんなふうに私はとても愛くるしい笑顔でトコトコとこちらに近寄ってくるその毛むくじゃらのことを憂いだ。この犬が野犬として成功を収める険しさ、そして難しさを。

 この野原は住宅と住宅の間にあるぽかんとした空間で、そこには一列に並んだ木々があるだけだった。まだ温度をもたない朝日もどんよりと辺り一体を照らすだけで、そこで熱を持つものは私と犬と遠くに聞こえる車の音だけである。木を除けばただ一辺倒に草むらが続く見栄えのない景色が広がる。しかしその中にうごめくものがいた。それは体の一部分を細かく動かすだけでただじっとその場に留まっていた二羽の兎である。私は彼らのことをよく知っている。犬とここに来ると、極まれに彼らと出くわすからだった。ただ、ここ最近は彼らを見かけなかったためどこか別の場所へと移り住んだのかと勝手に思っていた。

 私は彼らを見つけるやいなや近づくために歩みを進めた。いつものアレをするためである。それは自分と兎たちと犬を直線状に並ぶような位置関係にした後、犬をこちらに呼ぶことで向かって来る途中に犬と兎たちが出会い、そして戯れるのを見るというものである。ただしそこで実際に起こることはというといつも互いが互いに干渉せず、それぞれがそれぞれをよそよそしく避けながらその場で全員がうろうろとするだけである。もしかしたら何かが起こるのではないかという漠然とした期待を持って行うのだがこれまで何か起きたためしはない。実質そこで起こっていることは、ただ人と犬と兎が同じ場でうろうろしているだけなのである。ディズニーの世界のように動物たちが仲良くお喋りを始めるなんてことは起こらないのである。

 予想通りの不干渉に飽きつつあった私は、持っていた紐を犬の首輪に取り付け、兎たちに別れを告げることにした。その時である、十メートルほど離れたところに歩く男がいることに気づいた。同時に彼の上半身の衣類に違和感を感じ取った。妙に彼の上半身が肌色で構成されていたからだ。よくよく見ると彼はTシャツのお腹部分の裾をめくり上げ、ぷっくりと膨れた腹の上部分に引っ掛けることで胸からズボンまでの間の肌を大胆に露出していた。私たちが進んでいる方向が彼と同じであったため、歩みを進めながらも視界の隅にいる彼を見ないわけにはいかなかった。彼は近くに住む住人なのだろうか。そんなことを思っていると彼が少し奥まった場所にある、低身長の木々が立ち並ぶ場所へと近づいて行った。彼は何者でこれから何をしようとしているのだろうか。こちらからかろうじて見える後頭部に視線を向けていると、彼はついに私に気づいた。そして気づくやいなや、その野太い声で私に向かって奇声を発した。私は悟った。彼は小便をしようとしていたのだと。彼は奇声を発することで私と犬を威嚇してきたのだった。

 家路へと歩む足が振動を身体へと伝えるたびに、腹丸出しのオヤジが立ち小便を私に見られ、その恥ずかしさのあまり激怒し奇声を発したというこの世の寂しく切ない部分について、この犬もあの兎たちもまるで知る由が無いのだという気持ちが立ち上がっては消えていく。私がもし人でない何かであったとしたら、あのオヤジが小便中に激怒したという現象も、何か別の似たような現象と同等に認識されるだけなのだろうか。あのオヤジも私も犬も兎も、お互いがお互いに何もかも違うけれど、皆同じように生きているという点で違いはないのだ。

怒りの底にある孤独

 消えた。消えたわもう。さいあくやわほんと。どうしてくれるん思うわ。耳ほじったらペットショップの匂いするってうちのミセスに報告したら叫ばれたやつ漫画に描いてもう後書き出すだけっていうとこまで来たんに。まあ予期せぬ終了。終了よ。まあなんでか保存してなかった自分を恨めとも思うけど。

 クリスマスの本場ってのはそれこそ皆がまるで日本でいうところの正月のような気合の入れよう。言うてもう国的にはクリスマスの本場ってのはフィンランドなんかグリーンランドなんかようわからん。やけどそういう本場をもうちょい広い意味でみたときには自分の住んどるここも本場な気がします。年に一番のお祝いですし。

 こっちにはクリスマスショッピングと呼ばれる、クリスマスギフトを大量に買い漁るという文化がある。クリスマス前には「クリスマスショッピング終わった?」なあんていう会話をたくさん耳にする。

 そんで昨日そのクリスマスショッピングをしてきてん。休日なんもあってレジに並ぶ列もめっちゃ長い。やっとのことでレジへの列の最後尾にたどり着いたと思って並び始めてん。そしたら数秒後に遅れて来た爺さんが自分の前に割り込んで来たから「あの。すいません。ぼく並んでるんですけど」と言ったのが運の尽き。「クソ野郎」「この野郎」その後もどうたらこうたらわんわんわんと。それはもう凄い勢いで罵倒された。もう瞬間的に思ったもん。ああ。これもう関わったらあかんタイプの人や。とりあえず謝ろう。って。

 んでよく見たらもう半分浮浪者じゃないかという身なり。なあんでこの人はわざわざこの皆が楽しいクリスマスシーズンに罵倒せざるを得んかったんやろか。やっぱそんな怒らんくていいことやもん普通。でもそこで彼は怒るっていう方法しか取れんかった。彼の人生が彼をそうさせてしまったんやろうかと思った。彼もやっぱし赤ちゃんやったときがあって、彼の笑顔に皆が喜んどったときもあったんやと思う。でもなんでなん。なんで人間てこんなふうになってしまうんやろ。

 クリスマスではだれもが幸せに満ち溢れとる。ただ、そこで忘れたらいかんのが光が強くなればそのぶん影もまた濃く強くなるってことやと思う。この浮浪者みたいな爺さんがこうやったんも、もしかしたら賑やかな周囲への反抗って意味もどこかにあるんかもしれん。クリスマスはただここにあるんじゃなく。実はいろんなものの上に成り立っとる。こうして普通を迎えられることに感謝せないかん。

 そんなことを、なぜか生理用品を二つ握りしめながらぼくの前に立つ、その浮浪者の爺さんを見て思った。いったいなんに使うんやそれ。なんねん。めっちゃ気になるわ。と思った。

最近実際にあったこと

 エリザベス。霞がかった意識の中、今思えばそれはただの文字列とだけしか、そのときのぼくは理解していなかったのかもしれない。

 自分がいつの間にか眠っていたことに静かな驚きを覚えつつも、ぼくはその予想し得なかった心地よい目覚めに限りない充足を感じていた。携帯電話があるはずの場所へと手を伸ばす。柔らかい布団が持つ生地の感触と温度は、裸のだれかと肌を寄せ合うときの予想より冷たい温かさを思い出させた。指先が携帯電話を見つけ出し、ぼくの目の前に着信履歴を広げる。エリザベス。少し前のあやふやな世界で見た文字列がそこにはあった。いったいこれはだれなのだろうか。そんなことを思っていると、まるでぼくがその着信に今しがた気づいたことを知ったかのように携帯電話が揺れだし、少し経って止まった。それはまたもやエリザベスだった。女性の名前である。しかしぼくにはそのような名前の友人はいない。いや。いると言えばいる。しかし彼女はエリザベスという名を通名として使っていただけであり、そもそも別の国にいるぼくの番号など知るわけがない。そんなことを考えていてハッとした。白人の老婆だ。数週間前、ぼくはひょんなことから白人の老婆と連絡先を交換したのだった。

 そのときぼくは初めて訪れる自分が住む市の施設にいた。その施設は図書館や体育館、市役所など様々な施設が集められた複合施設だ。ぼくは施設内を散策しながらその施設の規模感や混雑具合に、これまでこの国であまり感じたことのない親近感を感じていた。老人の憩いの場になっている小さなカフェの価格帯はとても安価であり、体育館やジム、その他の娯楽で汗を流す人々の笑顔が印象的だった。

 この場所が素晴らしい場所であるということを確かめるように、ぼくは普段は気にもとめない掲示板のチラシまでもくまなく目を通そうと掲示板の前に立っていたときだった。急に近くに居たエリザベスが掲示板のイベントチラシについて、ぼくに話しかけてきたのだった。

「このイベントはいいわよ絶対」
「こういうかわいそうな若者が多いのよ最近」

 ぼくがうんうんとうなづけばうなづくほどにエリザベスの話の勢いは加速する。ついには自分の身の上話が始まった。彼女は生まれてからこれまで様々なところに住んだことがあるということだった。同時にそれぞれの住んできた場所に行くことをぼくに強く勧めてきた。最終的に、もっと私と話したいなら日を変えてカフェでも行きましょうと連絡先交換を促されたのだった。

 ベッドの上でぼくは考えていた。もしかしてあのときのカフェに行くという約束。エリザベスは老婆だけど、ぼくとカフェデートをしたいのかもしれない。そのための着信なのかもしれない。気がつくと、先ほどまでここにあったはずの限りない充足感はどこかに消え去ってしまっていた。エリザベスはぼくの左手の指輪に気づいていなかったのだろうか。付き合ってもいないのにぼくはこれから老婆をカフェでがっかりさせなければいけないのだろうか。

 ただ、なんにしても着信を無視することはできない。そう思ったぼくは勇気を出してエリザベスに電話をかけることにした。

「もしもし。こんにちは、エリザベス。着信あったけど、どうかしましたか」

 ぼくがそう言うとすぐさまエリザベスの声が聞こえて来た。

「不思議に思ってたのよ。私の携帯電話に知らない人の名前と連絡先が登録されてて。だから思い切ってかけてみたのよ。あなた。ところで誰なの」

上着

 家に帰ると、玄関先で知らない男がうんうんと唸りながら、一人で踊るように暴れていた。

 私が住む町はしがない田舎町である。このような異常者はいるはずがないと決め込んでいたのもあり、それを見つけた瞬間私はこれまで経験したことのない恐怖を感じとった。しかもよくみるとその男、上着を頭が隠れるほどにまくし立てている。もう冬になろうという季節にも関わらずたるんだ腹が露になっており、だらしなく揺れる。

 恐怖からしばらくその場を動けず見ていると、うんうんと唸る男はどうやら上着のせいで暴れているのだということがようやくわかってきた。そういうことかと分かった途端、逆にこの男の動きが面白く、そして情けなく思えてくる。一人で暴れている男は、ついには玄関先の入り組んだ壁にぶつかり倒れた。これはさすがに助けなければと思い、その男に声をかける。

「大丈夫ですか」

「はい。なんとか」

「手伝いましょうか」

「いえ大丈夫です。ちょっとチャックが壊れたみたいで脱ごうにも脱げないだけなんで」

「そうなんですか。大丈夫って言っても。どうするんですか。チャック壊れてるならチャックはそのままにして上へとスッポリ脱ぐというのは」

「なんと。その手がありましたか」

 そう言うと男は、疲れきっていたのか頼りなくよろよろと立ち上がった。そうして、私が言ったようにしてスッポリと覆い被さっていた服を脱ぐことに成功した。

「いやあ。ありがとうございました。上着に殺されるかと思いましたよ。チャックが壊れるなんて本当ついてないですよ」

 そう言いながらチャックを外そうとする男。最後の持ち手がついている部分がどうも外れないようだ。何度か相当な力で引っ張ってみているものの、やはりチャックは外れない。男の引っ張る力が増すとともに、また踊り狂ったようになるのではないかと不安になった私は、慌てて声をかけた。

「もしかして引っ張る方向が逆なんじゃないですかね」

 男がまさかという表情を浮かべながらも、ゆっくりと今までとは逆の方向へと引っ張る。すると、いとも簡単にチャックが開いたのだった。すると、急に突風が吹いて来て辺りに散らばっていた落ち葉を舞い上げた。男は数秒間の沈黙を経て私に軽く会釈をすると、肩を落とし寂しげな目でその場を去って行った。私も男の心情を無意識に感じ取ってしまったのか、その場で立ち尽くすことしかできなかった。私は我に帰ると側にあった郵便受けに手を伸ばした。彼がここにいたのはおそらくは何か郵便物なるものを届けに来たのだろうと思ったからだ。そこには、町内会の便りがあり、見覚えのある上着を着たさっきまでそこにいた男が写っていた。次期町内会長が決まったのだという。

ピザ

f:id:hikaruv:20150208183200p:plain

おい。なに食ってんだよ

なんでもいいだろ。話しかけんな今

f:id:hikaruv:20150208183003p:plain
f:id:hikaruv:20150208183200p:plain

ピザだろ。ピザ食ってんだろ

わかってんじゃねえかよ。じゃあ聞くなよ

f:id:hikaruv:20150208183003p:plain
f:id:hikaruv:20150208183200p:plain

やっぱ、うまいのかよ

なんでおまえにいちいちそんなこと報告しなきゃいけねえんだよ

f:id:hikaruv:20150208183003p:plain
f:id:hikaruv:20150208183200p:plain

おい。それくらい教えてくれたっていいだろ

わかったよ。すげーまずいわ。じゃあな

f:id:hikaruv:20150208183003p:plain
f:id:hikaruv:20150208183200p:plain

おい。嘘言うなよ

なんでおれが嘘言うんだよ。まずいんだよ。だからさっさと帰れよ

f:id:hikaruv:20150208183003p:plain
f:id:hikaruv:20150208183200p:plain

うまそうに食ってるだろ。あとどう見てもそれうまそうなやつだろ

イケメンっているだろ?

f:id:hikaruv:20150208183003p:plain
f:id:hikaruv:20150208183200p:plain

どしたんだよ急に

これ、あれだよ。見た目よくても性格最悪なイケメンみたいなもんだから。見た目よくても内面がクソ過ぎて実際食べたらクソマズだから

f:id:hikaruv:20150208183003p:plain
f:id:hikaruv:20150208183200p:plain

おい、待てよ。それ、おれへのあてつけかよ

…(なんだよこいつブサイクのくせして。調子こき村出身かよ)

f:id:hikaruv:20150208183003p:plain
f:id:hikaruv:20150208183200p:plain

おい。なんとか言えよ

おまえ、ピザ欲しいんだろ

f:id:hikaruv:20150208183003p:plain
f:id:hikaruv:20150208183200p:plain

えっ。くれるのか?

ここに電話しろよ

f:id:hikaruv:20150208183003p:plain
f:id:hikaruv:20150208183200p:plain

なんだよこの番号

いいから電話しろよ。そしたらうまいピザ食べれるから

f:id:hikaruv:20150208183003p:plain
f:id:hikaruv:20150208183200p:plain

マジかよ。絶対だからな

f:id:hikaruv:20150208183003p:plain
f:id:hikaruv:20150208183200p:plain

もしもし。えっ。いや、あのまた電話します。はい。いえ。はい。ありがとうございます。

f:id:hikaruv:20150208183003p:plain
f:id:hikaruv:20150208183200p:plain

おい。この野郎。これピザハットの電話番号じゃないかよ

そうだよ。おまえうまいピザ食べたいんだろ。おれのピザ激マズだからちゃんとした店のやつ頼めばいいと思って教えたんだよ

f:id:hikaruv:20150208183003p:plain
f:id:hikaruv:20150208183200p:plain

時間かかるだろ。おれは今すぐに食べたいんだよ。あとおまえの買ったピザの箱もピザハットじゃねえかよ。なんなんだよ。ちゃんとしたうまいやつじゃねえかよ

まあ、ちゃんとしたうまいやつだよ実は

f:id:hikaruv:20150208183003p:plain
f:id:hikaruv:20150208183200p:plain

とうとう尻尾を出しやがったなこの野郎。だってもうニオイが間違いないよねこれ。もう確実にちゃんとしたうまいピザのやつのニオイだよこれ

というかおれはおまえのためを思って隠して来たけど、実はピザがおまえにだけは食べられたくないって言ってたんだよ

f:id:hikaruv:20150208183003p:plain
f:id:hikaruv:20150208183200p:plain

なんだよ。ピザが意思を持ってるってことかよ

おまえ、実際ピザにすごい嫌われてるわ

f:id:hikaruv:20150208183003p:plain
f:id:hikaruv:20150208183200p:plain

おれはピザ界の嫌われ者だったのかよ。おれピザになにしたんだよ