Dissapearing sharpens your heart.

 ほんとに時間がないというのはこのことだという今を過ごしている。今これを書いているこの瞬間ですらなにかに追われている。そのなにかというのはつまり来週ある程度の人数の前で、少し得のある話をする必要があり、そのアイデアを考えなければならないのだ。

 ちなみにこのブログのテーマであるおはなし作りに関して。今週はちょっと進んだ気がする。でも気がするだけで実際筆はそれほど進んでいない。つまりは構想と表現のルールのようなものを決めることができた。それにより世界観をより固定でき、執筆スピードを上げることができるのだ。たぶん。そうだといいな、と思っている。

 さて、その得のある話のアイデアがだが、いったいぜんたいどうしたらいいもんかしら、と思う。以前も実はこの「得のあるはなし」をする機会があり、その際は祖母の話をした。

 しかし、今回はなんの話をしようか正直迷っている。様々な世代と様々な文化的背景を持った人々へのはなしということで、そのようなことも考慮しなければならない。あとは、複雑でわかりにくい話は失敗する可能性が高いので怖い。個人的過ぎるはなしもできれば避けたい。なぜかこの集まりでは皆あまり個人的なはなしはしないのである。まあ、だからといってそれに自分が合わせなければならんということはない。正直個人的な話であれば、間違いようがないので楽だ。ただ事実を語ればいいのだから。

 うーん。瞑想。瞑想かも。いいかも。少し変わった瞑想について。というか日々に潜む瞑想の瞬間。浅い知識なので間違っているかもしれないが、個人的にとてもおすすめしたい話なのでこの話はいいかもしれない。

 日本だと、瞑想というと精神世界や宗教なんかとの絡みが生々しく見え隠れすることで、少し胡散臭かったり、特定の人以外では知る人ぞ知るものになっている。しかし海外、少なくとも北米では「瞑想」は、それはそれは爽やかに存在している。やはり瞑想それ自体が発生した所以と遠いからこそ、皆「インドや日本から来たクールなもの」なんてふうに思っている節がある。

 ちなみに祖母の話。けっこう我ながらしっかり作ったスピーチ文だと思うので紹介しようと思う。

Dissapearing sharpens your heart.

I’m going to tell you about my grandma’s story today.

My grandma was born in rural area of Japan. Also that’s my hometown too. She passed through the era of war. In those days, especially in rural area, almost all people are poor and worked as blue color.

After she gave birth two children, her husband was passed away.

That’s why she had to live as strong and strict.

When I realize as child, she is already super strict grandma.

Sometimes she is generous but basically super scary grandma when I’m teenager. Also, I might have been not good kid though.

Now, she is dementia. She is getting to forget and can’t remember short term memory.

Her words are getting to disappear day by day except for only things that she think it’s important in her life unconsciously.

She basically ask me only 4 questions. Where are you? What do you do for work? When are you going to come back next time? Do you have a good girlfriend? She forgot what she asked me after 5min. Many and many times, I answer for these questions.

She was scary and strict. But after disappearing many words from her, I realize there is only leaving all her love and concern for me in her heart.

We learn a lot of things from family members. What I am learning from her is I also want to keep having love in my bottom of the heart. And even if I will be not able to understand myself or as my unconscious behavior, I want to be what leaks from my heart is love for someone.

それではまた、来週。