日記(仮)

定期的に続けられたらタイトル考えます

日記と走ること

 走ろうと思い玄関から飛び出すと、ちかごろの天気からすればかなり貴重な晴れ間が広がっていました。私はたいてい朝に走ることにしています。特に理由はありませんが、朝お風呂に入る前に汗を流したいのです。ちょっと前までは毎日走っていましたが、ちかごろは天気のせいもあったりして毎日というよりはたまに走る程度です。

 ここで日記を始めて一ヶ月半が過ぎました。当初、しばらく止めていた書くということを改めて習慣づけたかったのが書き始めた大きな理由でした。少し前からあえてこちらに力を注ぐのを止め、今は別の媒体に時間を使っています。

 この日記は、特別なお役立ち情報もなければ鋭利な思想もない散文なので、自分もなぜ毎日書いているか今ではよくわからなくなってきましたが、家族が見ているので近況を伝えたいと思い書き続けています。また、人生というのはいやおうにも波があるものですので、急になにかを言いたくなるときが来るかもしれません。それになにかを書いていくうちに、自分が思いもしなかったいろいろに気づくこともあるので、なるべく書いていこうと思っています。